医者

健康な毎日の為に出来る事|生活習慣病である脳梗塞等を撃退する治療

大腸の病気

看護師

病気の症状と原因

潰瘍性大腸炎とは、大腸にびらんや潰瘍などを形成する病気であるということです。症状は、粘血便、腹痛、下痢などの症状があります。症状が軽いときは腹痛と下痢と発熱のみなので病気に気づくのが遅くなってしまうのが現状であります。また、特定疾患であり、一度発症するとなかなか治らないことが多く、非常にやっかいな病気であります。また、原因が大腸の免疫異常であったり、腸が異常に反応してしまいこのような症状を起こしてしまう。というのが原因であります。これら以外にもストレスや肉体疲労などが考えられます。このような潰瘍性大腸炎であるため確実な原因がわかっていないのも事実であります。そのため一番良い対策としてはかからないようにすることです。ではどのような予防をすればよいのでしょうか。

予防と対策

潰瘍性大腸炎を予防するには、食事に気を付けることが大切だといわれています。特に、腸に負担をかける食事は非常に良くないといわれています。揚げ物や糖分の多いもの、お酒やコーヒーなど刺激が強いものは避けた方が良いといわれています。それだけではなく、腸内環境をできるだけ整えるようにするためヨーグルトなどの乳製品を取ることも大切です。取りすぎは良くないのですがほどよく摂取することで体の調子を整えてくれる効果もあるので良いと思います。このようなことに気を付けていても潰瘍性大腸炎に罹ってしまったときは速やかに病院に行って内視鏡検査を受けることが大切です。そしてお薬を処方してもらい安静に過ごすことで症状が徐々に改善していくといわれています。

Copyright© 2015 健康な毎日の為に出来る事|生活習慣病である脳梗塞等を撃退する治療All Rights Reserved.