医者

健康な毎日の為に出来る事|生活習慣病である脳梗塞等を撃退する治療

鼻や口内や咽喉もとのがん

男性

種類と治療方法

咽頭がんはその種類によって、がんができる位置が違ってきます。まず3種類に分かれ、上咽頭がんは鼻の奥になり、目や頭部に耳などの範囲で症状が見られることもあります。口腔内にできるのが中咽頭がんで、歯茎の奥や舌の付け根などに症状が出ます。そして、下咽頭がんは食道の入り口付近までが範囲になります。基本的に治療ではその種類で異なり、鼻の奥やその周辺となると化学療法でがんを抑えていく流れです。外科的な手術は、その位置が複雑なので行わないのが普通です。口腔内では、まだ小さいがんのうちは化学療法で行われ、進行が認められると切除していく方法になります。次に下咽頭がんでは、食道付近にできるがんなので進行が早く、食事もままならないことも多いので最初から切除していきます。咽頭がんはその発症率は多くはないですが、鼻や口や咽喉にできるがんなので、その負担は大きくなります。

全体的な増加傾向

この咽頭がんの原因は、ウィルスや喫煙にアルコールの摂取などがあり、食生活も影響してきます。日本では特に男性患者が多くいるのが特徴で、やはり喫煙習慣のある男性に多いです。女性は少ないですが、それでもそのほとんどが喫煙者となることから、その影響は大きいと見られます。最近では、女性に喫煙者が増えてきたこともあって、咽頭がんを発症する女性も徐々に増えてきています。また、性行為で口腔内に感染してしまう例も多発していて、若い人のウィルス性感染が心配されている状況です。全体的に増加傾向にあることから、リスクを抑えるためにその予防知識が必要です。喫煙者の数は年々減っていはいますが、なおそのリスクの大きさを医療機関が中心にその呼びかけが行われています。

Copyright© 2015 健康な毎日の為に出来る事|生活習慣病である脳梗塞等を撃退する治療All Rights Reserved.